悲報:老いは食事のAGEが原因だった?

こんにちは、オランです。

先日、Yahooニュースで「カルボナーラかボンゴレか? 老ける食事、老けない食事の見分け方」という記事を読みました。どうやらAGEという物質が体に溜まることで、老化の原因になるということらしい。

AGEはタンパク質と糖質が加熱されてできるので、揚げ物やこんがり焼いたベーコン、あめ色に炒めた玉ねぎなどに多く含まれるほか、体内からも生成されるらしい。
食事の内容とか、調理方法(レモンをかけたり、温めなおしを避けたり、生で食べる、揚げずに蒸すなど)で、食事によって摂取するAGEを減らせるとかなんとか。

唐揚げ(レモン付き)というタイトルのいらすとw
笑いの才能もあるいらすとやさん、いつもお世話になってます。

この記事を読んだ時、私は「うさんくせー、そんなん気にする必要ないやろ」と思いましたw
記事のコメントとかでも「バランスの良い食事なら問題ない」とか「心配しすぎはかえってよくない」というようなものが多かったし、そういうコメントに「いいね」もたくさんついてました。
そのとき、少し前に読んだこの本のことをふと思い出しました。

感情バカかもしれませんよ

「感情バカ 人に愚かな判断をさせる意識・無意識のメカニズム」
 幻冬舎新書 著者:和田 秀樹

著者は東大の医学部卒らしいです。
「はえ~すっごい。それなら言ってることも少しはまともかも」って思った方、

 はい、 あ な た は 感 情 バ カ で す w

(まぁ私も思いましたが)
メモを取ってなかったので、うろ覚えですが、大体上記のような感じの文章が入っていたと思います。(違ったらすみません)
著者曰く、東大出てからもう何十年も経っているし、出身大学でその人物や発言が信頼できるとは限らないのに、信じようとしたり、好意的に感じるバイアスがかかったら感情バカなんだそう。

ほかにも色んな感情バカが出てきます。恋愛とか不倫とかお金とか集団心理とか。
Amazonの紹介文によると「自分では気づかず無意識のうちに感情的になることで、「服従」「同調」「損失回避」など「心のクセ」が働き、あなたの判断はゆがんでしまうのです!」とのこと。

図書館でこの本を見かけて「あーこういうインパクト強いタイトルで興味を引くタイプの本あるよね。」みたいに思いつつも実際に借りた私も感情バカだったのかもしれません。
読む前も「自分に限ってそんなに当てはまらんやろハナホジー」と思っていましたが、結構身に覚えのある感情バカの例がたくさんあって反省しました。「自分に限って」というところがすでに感情バカの入り口です。みんな自分のことを「周りよりはほんの少し頭がいい」と錯覚している感情バカらしいです。

ぜひ読んで下さい。面白いです。私みたいに図書館で借りれば実質0円ですよ。
お金のある人はこのリンクからたくさん買って周りに配って下さいお願いします。(ダイマ)

AGEの話

AGEの話題に戻ります。

例えば「マーガリンは不飽和脂肪酸が体に悪い」とかだったら、バターにするとかジャムにするとか、目玉焼きやベーコンを乗せたりとかで簡単に対応できますよね。
簡単に対応できる問題だから、「他の国の規制はどうなってるんだろう」とか積極的に調べようとするし、結果的に「事実かもしれないので気をつけよう」と行動の変化につながりやすいです。

認知症で食べられない物を食べてしまういらすと
他意はないです。

でもAGEの問題が事実だった場合、ただでさえ栄養バランスだの何品目だのカロリーだの糖質だの低GIだのとめんどくさい食事が、さらに面倒なことになってしまいます。毎日の摂取AGEの計算が必要になってしまうのです。
そうなって欲しくないから「うさんくさ」、「こんなん気にせんでええわ」と、深く知ろうともせずに判断してしまったのであれば……… 残念ながら感情バカかもしれません。自分に都合の悪い事は事実ではないと思ってしまう感情バカです。地球温暖化問題とかもそうかもしれません。

まとめ

何十年か先の未来、みんな我々の時代よりも若々しい容姿をしていて、そんな人たちに「昔の人はAGE気にしてなかったからすっごい老けてるよねw」とか「唐揚げにレモンもかけずにうまそうに食ってんのマジで草」と言われてしまう日が来るかもしれません。

 知 ら ん け ど

ちなみにレモンは調理後ではなく下ごしらえの段階で入れる必要があるみたいです(マジレス)
日焼けとかも昔は気にしてなかったから、若い世代からみると昔の人は肌が汚いと感じるのかな。
AGEについては機会や反響があればまた記事にしたいと思います。本とかも出てるみたいなので。
 

敵さん
敵さん

このリンクから買うとオランが儲かっちゃうから自分で検索しよポチー

オラン
オラン

………
(ん?自分が損するわけじゃないのに… これはもしや… ?)

タイトルとURLをコピーしました