蚊の倒し方、知ってますよ

毎年夏になると出ますよね、プーンと耳障りなアイツが。そう、蚊です。今日はその倒し方を紹介します。ちなみにこの方法は昔、私が開業資金を貯めるために網戸もエアコンもない部屋に住んでいた時に考案したものです。別に起源を主張する気はないですがw

車もギターもそうですけど、やっていればなんでも上手くなるものです。蚊を素手で仕留めるのも、当時はめちゃくちゃうまくて、毎晩キルスト連発してましたね。今は道具に頼ってますが。

事前準備

黒いものを減らしたり、明るい色の布やカーテンで覆っておきます。蚊は危険を感じると、黒い物の上に止まって姿を隠すためです。
部屋をキレイに簡素にしておく。蚊が隠れる場所を減らし、自分が自由に動けるように。
スマホを常に手元に置いておき、ロック解除とライトの起動が素早くできるよう訓練します
虫取り網かタモ網を用意し、これも手元に置いておきます

私は元々持ってたボート釣り用のタモを使ってます
紐で壁に掛けられて便利。柄が短い方が使いやすいかも

敵の位置を補足

部屋が明るくて敵の位置が分かっている場合は次の戦闘フェイズに進みます。カーン

敵の位置が分からない場合は部屋を暗くして、スマホのライトを起動します(懐中電灯でもいいです)。光源は常に自分の目に近い位置に構え、見る方向に顔と光を同時に向ける感じで敵を探します。このとき、空中の蚊と光が蚊に当たってできた影を同時に探すと、見つかりやすいです。意外なほど簡単に見つかります。
敵が見つからない場合、黒い物の上に止まっていないかを確認します。それでも見つからない場合はライトを消してしばらく待ちます。大体耳の辺りから攻めてくるので、来たら音で分かります。再捜索フェイズです。

蚊の倒し方

ライトの光でひるませ、その隙に網で捕獲します。上から下に向かって網を振る方が捕獲率が高いですかね。ライトの光を至近距離で当てると、明らかに敵の動きが鈍くなります効いてる効いてるwww。さらに私のタモは先端が真っ直ぐになっており、壁面に沿って網を動かせるので、壁に止まっている蚊が捕まえやすいです。

昔、釣具屋さんで1500円位だった気がする

まとめ

蚊の倒し方、いかがだったでしょうか?百均の虫取り網でもいいですが、季節商品なので売切れも多いです。あと、柄が長いと使いづらいかも。Amazonで探したい方はこちらからどうぞ。不殺派の方は昔ながらの蚊帳も便利ですよ。私もポップアップ式の物を車中泊のときに使っています。おうちでしか使わない方は、背の高いタイプの方が便利かも。蚊以外にムカデとかも防げます。
下の検索ウィジェットが文字化けで機能しないのは、Amazon側の問題らしいです。そのうち治ると思うのでほっときます。

 

敵さん
敵さん

網戸くらい買えよ… 完全にあたおか

オラン
オラン

………

タイトルとURLをコピーしました