家電なし!ミニマリスト的ご飯の炊き方

ミニマリストってどうやって料理してんの?と気になっている方のための記事です。自炊しないからキッチンすら要らない!という宗派もいると思いますが、私はバリバリの自炊派です。料理は好きだし、自分で作った方がおいしいと思ってます。外食や中食はほとんどしません。

はじめに

ご飯はパール金属の圧力鍋で炊いています。蒸し器や交換用のパッキンがセットになっていて、圧力を二段階に切り替えられるタイプです。

替えのパッキン付きなので、気づけばもう6年以上使っていた。パッキンを交換して一年くらい経ったので、まだあと4年は使えるかな?w パッキンだけでも買えるのがうれしい。もし鍋本体が壊れてもまた同じのを買うと思います。鍋の大きさも一人暮らしなら3.5リットルが丁度いいです。カレーとかを大量に作るならもうワンサイズ大きくてもいいかも。私はカレーはスパイスから作る派です。
これを消費税と送料込みでこの値段って…。「うわっ…私の圧力鍋、安すぎ…?」

冷蔵庫がないので炊いたご飯を冷ます方法がありません。なので食べ物の腐りやすい梅雨時や夏は、なるべく夕飯のときに炊飯します(涼しいから)。夏は一度に2.5合を炊いて、それを三回に分けていただきます。冬は一度にもっとたくさん炊きます。
冷ご飯がないお昼は麺類を食べて炊飯のタイミングを調整します。

圧力鍋炊飯のメリット

メリット

・高級炊飯器並みに美味しく炊ける
「直火炊き」などと謳っている電気炊飯器がありますが、こちとらホンマもんの直火炊きです。

・お米を水につける必要がなく、すぐ火にかけて20分で食べられる
炊飯器だと「あっ、ご飯作ろ」って思ってから炊き上がりまで一時間以上かかります。おかずは20~30分で作れちゃうので、炊飯器のセットとおかずの調理で二回台所に立つのが地味にめんどくさい。時間つぶしにスマホとかいじってたらご飯だけ先に炊けちゃったりするw

・安くて壊れない=コスパがいい
炊飯器は壊れます。他にも内釜のコーティングが剥がれて買い替えが必要になったり。圧力鍋は構造が単純で丈夫だから壊れにくいし、パッキンだけ買い替えられます。

・キャンプや車中泊、災害や停電でも炊飯できる
カセットコンロで普段通り炊飯できます。最悪は燃えるものがあれば何でもOK。

・炊飯器と炊飯器を置く場所がいらない
炊飯器は湯気が出るので、置く場所に気を使います。圧力鍋はどこでも置けて、他の料理にも使えます。普通の鍋の代わりにもなります。

・電気代が安くなる
電気使用量が減るのは当たり前ですが、契約アンペア自体を下げることもできます。私はLooop電気で電気代は月800円とかです。毎日家にいてこれです。その分ガス代は増えますが、それでも電気よりはガスの方がお得じゃろ?ガスの基本料金は電気と違って下げられないし。

圧力鍋炊飯のデメリット

・鍋を洗うのが大変?
多少鍋にご飯がくっつくので、水につけてからでないと洗うのは大変です。特に焦がしてしまったとき。でも、コーティングがないからたわしでゴシゴシできて掃除自体はやりやすいです。圧力がかかる蓋やパッキンは、実はほとんど洗う必要がありません(自己責任)。私は全然洗ってません。月一くらいで掃除と点検をするだけです。
炊飯器も変な溝に汁が貯まって、意外と掃除が大変だから似たようなものでは?

・タイマー炊飯ができない
朝起きたらご飯が炊けてる!とかはできないです。20分で炊けるから、タイマーは必要ないと考えましょう。逆に、寝坊しちゃってタイマー炊飯したご飯を放置して出かける… とかの悲劇は回避できます。お弁当なら夜のうちに作った方が楽です。それよりも朝忙しいとか、毎日職場に通勤するとかいう習慣を断捨離した方が捗りそう。

・炊飯器でしかできない調理法がある
おかゆとか、炊飯器パンとか、保温機能でゆっくり加熱して作るものとか。

白米の炊き方

計量カップで白米2.5合を計り、ザルで軽~く研いで水を切り、圧力鍋に入れます。次に白米と同じ体積の水を入れて蓋をします。同じカップで測れば楽です。

水を入れて待つ必要はなく、いきなり強めの火にかけて大丈夫です。2つある安全弁に両方とも圧がかかったのを確認したら、火がギリギリ消えないくらいの弱火にして4分30秒タイマーをかけて放置します。

時間になったら火を消して放置。自然に圧が下がっていって、蓋が開くようになったら炊飯完了です。圧が下がるまでだいたい10分くらいです。

圧力鍋で炊飯
上手に炊けました~

2食分はタッパーに分けて、蓋をせずにそのまま長めに放置して冷まします。夏は表面が少しカピカピになるくらいまで蓋は閉めずにしっかり冷まします。カピカピ部分は温める時に復活するので問題ないです。

後片付け

圧力鍋で炊飯すると洗うの大変じゃない?という意見があると思うので、洗い方です。
まずお鍋についたご飯粒をしゃもじでこそげとってムシャムシャしてやります。今は反芻している。ここで一分ほどかかります。これを専門用語でロスといいます。

大抵は同じ鍋でみそ汁やラーメンを作ることで、洗わなくて済むようにしてます。
もし鍋を洗う場合、ご飯粒が取れたら水を適当な高さまで張って放置です。あまりたくさんは入れません。「水道代が」ではなく資源やエネルギーの面で「水が」もったいないからです。放置したものが下の写真です。

上の写真から10秒ほど手だけで軽くこすって洗ったものが下の写真です。完全にはきれいになっていませんが、こんなもんでいいです。そのまま鍋を使ってるといつかきれいになります。一応スポンジでこすればあっさりきれいになりますよ。

炊飯器は内側にコーティングがあるので、洗うのは確かに楽です。そこに対する私の考えは「洗剤とスポンジできれいに洗わなければならない」という固定観念を断捨離しよう!です。あ、蓋とパッキンは最初にも書きましたがほとんど洗ってません(自己責任)。ブログの更新が途絶えたら圧力鍋の爆発に巻き込まれたと思って下さい。

玄米の炊き方

おまけとして玄米の炊き方です。白米と違うのは「水を半合分くらい多めに入れる」ことと、弱火で加熱する時間を4分ちょっとから「20分」に伸ばすだけです。玄米は固めでいいという方は15分くらいでもいけるかもしれません。しっかり加熱した方が、フィチン酸が分解されるかなと思って長めにしてます。

玄米も結構好きで、昔はよく食べてました。今白米をメインで食べているのは、チャーハンや雑炊などでも食べやすいからと、玄米の胚芽の農薬を気にしてのことです。玄米を買って分づき米にすれば胚芽は取れますが、大変なので…。無農薬米や減農薬米は高いですし、もみ殻とか小石とかたまに入ってるんですよね。

さいごに

次回は冷やご飯の温め方を紹介します。もちろん電子レンジは使いません。マジでお勧めできるアイテムが出てきます。こうご期待。こちらのリンクからどうぞ。

家電なし!ミニマリスト的ご飯の温め方
前回の記事ではご飯の炊き方をご紹介しました。今回はその続きで、タッパーに入れた冷やご飯の温めかたです。ご飯の温め方ご飯は蒸して温めています。そのときに大活躍しているのがシリコン製の蒸しシートです。アマゾンで1,...
敵さん
敵さん

「高級炊飯器並みにおいしく炊ける」って言ってるけど、お前高級炊飯器のご飯食ったことあんの?

オラン
オラン

………

タイトルとURLをコピーしました