2畳で6万円 自作防音室の作り方 設計編1 工法、材料

前回の「はじめに編」がまだの方は、そちらからご覧ください。こちらのリンクからどうぞ。

2畳で6万円 自作防音室の作り方 はじめに
はじめにこのブログでは私が作った防音室の作り方を公開します。ネット上に色々な作り方が公開されてると思いますが、私の作り方だと安い割には重くてでかくて強度が高い感じになると思います。強度が高いので、作った後で防音性に不満があれば、外...


では設計編1の始まりです。まずはどんな防音室にするか決めていきます。

ギターの練習に何デシベルの防音性能が必要か?

私は座って弾く専門家なので、立ったら弾けません(ギターあるある)

軽くググった結果、ギターの音は70~80デシベルくらいの騒音らしい。「掃除機の音」や「テレビ(中音)」が70デシベルなので、まぁ妥当かな。高い周波数の音は比較的簡単に防音できるけど、低音は難しいらしいので、低音の防音をメインに考えます。ちなみにボーカルは90デシベルらしいぞ。ホントか?

グーグル先生によると12㎜の石膏ボードで20デシベルくらいの防音性能があるらしい。構造用合板12㎜も重さはだいたい同じくらいなので、防音性能も同じと考えると、防音室で20デシベルの防音効果が得られそう。
隣の部屋との間にある壁は、石膏ボード(多分9㎜厚)が二枚なので、同じように25デシベルくらい音が減衰すれば、「郊外の深夜」や「ささやき声」と同じ30デシベルくらいになりそう。あとは、防音室の外で適当なラジオとかの音を流して、自分のギターや歌声をごまかす作戦。
※デシベル値は対数をとってるから、単純に足したり引いたりはできないらしい。でも十分な空気層(40㎝とか?)を設けた場合はOKらしい。

躯体は強度に余裕を持たせて作っておき、面材はとりあえず割安な12㎜厚の構造用合板を使い、防音性に不満があれば、後から外側に合板や遮音シートを追加で打ち付けたり、二重壁にすればいいか!と考えた。
石膏ボードなら構造用合板の半分くらいの値段で買えるけど、強度の問題で打ち増しはやりにくいと思う。調湿性があってカッターでも切れて加工が楽らしいけど、ぶつけたら角が欠けたり、粉が出るのも困る、いらなくなった時の廃棄も大変みたい。

ちなみに防音室内の断熱材は、面材で反射した音を吸収するのが主目的です。これがないとお風呂みたいに音が反響してしまいます。市販の吸音材はクッソ高いのでNG。

設計の方針

DIYの定番であるツーバイフォー材や、住宅の建材としてよく使われるもの(グラスウールとか1820㎜×910㎜の合板など)は、たくさん売れるのでその分値段が安いです。ただ、個人がDIYで使うにはちょっとでかくて重いし、加工も大変かも。
ということでツーバイフォー工法を採用して、材料をなるべく切らずにそのまま使えるように設計することにしました。加工の手間が省けるし、端材が出ない分コスパがいいと思われる。その分でかくなるけど、まぁしゃーなし。

あと、サイコロみたいな完全な直方体にしてしまうと、特定の周波数の音がでかくなる共鳴?現象が起きてしまうので、多少は縦横高さの寸法をずらそうかな。

ツーバイフォー工法の基本

イメージ図。いらすとやとパワポの汎用性w サザエさんかな?

ツーバイフォー材で作った枠に構造用合板を釘で打ち付けて作ったパネルを組み合わせて面で支える、別名木造枠組み壁工法。本来のツーバイフォー工法は最初に床パネルを作ってその上に壁パネルを固定します。でも防音室は耐震性があまり必要ないし、アパートの一階に住んでて、階下への騒音対策も必要ないので、底のない箱状のモノを作ることにした。(お椀をひっくり返して被せたような感じ。)床が必要なら後から防音室の内寸に合わせて作ればいいです。

床を作らない理由(詳しい人向け)
床パネル(作るとしたら1.8m×1.8m)に乗るように壁パネルを作ると、壁の厚さの分、室内が狭くなってしまう(室内寸法1.6m×1.6mくらいになる)。あと、壁パネル同士を固定する都合上、壁パネルに短辺と長辺ができてしまって、短辺では455㎜のグリッドが崩れるから、断熱材の幅が入らなくなって施工が大変そう。
床に対して壁を勝たせれば、室内寸法で1.8m×1.8mにできるよね、わかりにくいけど。

さいごに

今回の記事は驚くほど内容が薄いですねw次回の設計編2はちゃんとしています。壁パネルの作り方を詳しく説明していますので、こちらのリンクからどうぞ。

2畳で6万円 自作防音室の作り方 設計編2 壁パネル
前回の設計編1では、求める防音性能や、防音室の工法を検討しました。楽に安く作るため、ツーバイフォー工法を採用し、材料をなるべく切らず、外寸1.9メートル四方くらいの防音室を作ることに決めました。床と内壁は設けずに一旦作ってみて、足りなけれ...
タイトルとURLをコピーしました