自作の防音室をサクッと紹介 / 色の薄い卵

6畳の部屋の真ん中に自作の防音室

ツーバイフォー工法を参考に自作した防音室です。扉を開けたところから撮影。奥には換気と採光用の小窓があります。リクライニングチェアとメタルラックから生やしたモニターアームの組み合わせが結構便利で気に入ってます。右の壁にぶら下がってる茶色い物体がギター(アコギ)です。最初はエレキギターを買って生音中心で静かに練習してましたが、防音室ができたことで心置きなくアコギに持ち替えて練習できるようになりました。

壁の白いのは断熱材のグラスウールで、吸音材の代用です。むき出しになってるのは、あまりお金をかけたくないのと、いざ分解するとき大変になりそうだからです。あと、内壁を作ると反響音が増えそう(想像)。歌のレコーディングとかが目的の場合は内壁はない方がいいのかも?釘とかネジの下地は入ってるので、薄いベニヤ板や化粧板などを張れば見た目はきれいになります。布やカーテンを吊って隠すのもありか。

ベニヤ板  → 800円×10枚で8,000円くらい
有孔ボード → コルク製で4,000円×10枚で40,000円くらい
      → ラワン材だと2,800円×10枚で28,000円くらい
        ベニヤに自分で穴を開けまくれば安く作れるかもw

6畳の部屋というと3.6m x 2.7mくらいですかね?そのほぼ真ん中にこの防音室(外寸でだいたい1.9m四方)が鎮座してます。部屋には防音室とゲーム用のパソコンだけが置いてあって、防音室の壁にあけた小さい穴を通って配線されてます。パソコンだけを外に置くのは排熱で防音室内が暑くなるのを防ぐためです。空調は扇風機だけなので時々ドアと小窓を開けて換気します。

防音室の詳細とか作り方とかも今後記事にしていきます。費用は6万円位でした。この大きさのものを部屋に置ける方は少ないと思うので、需要はないかもしれませんが…

やたら白っぽい卵

某ドラッグストアで10個140円くらいで買った卵

しょうもない記事になってしまったので、さらにしょうもないネタを追加w
卵を割ったら、やたら黄身が白っぽかった。写真ではわかりにくいですが、不気味なくらい白い気がする… 調べてみたら黄身の色はエサで決まるらしく、別に問題はないらしい。普通においしくいただきました。

敵さん
敵さん

防音室を自作… 予算六万円…
は~ん、貧乏人は大変だなぁ。
ていうか自称ミニマリストが防音室てw

オラン
オラン

………

タイトルとURLをコピーしました